中古マンションで成り上がる!不動産下克上

日本における不動産市場は、リーマンショック以降、公示価格の下落がつづいていましたが、2011年に入って、その下落傾向に歯止めがかかりはじめたという調査結果が、さまざまな研究機関から発表されるようになりました。それはどのような理由からなのでしょうか。一般的に地価の上昇は、その地域に大きな建物が建ったり商業施設がオープンしたりして、経済が活性化することからはじまります。

今回もその例外ではありませんが、ある研究機関の分析によると、地価の下落に歯止めがかかった要因の一つに「中古マンション」の存在があると結論づけられています。新築マンションは地価の価格が下がったとはいえ、マンション用地を取得したのは下落前の価格であり、資材高騰の時期に鉄鋼や建材を仕入れていたとすれば、そのぶんのコストはマンションの販売価格に反映されます。その一方で中古マンションはといえば、基本的に改修に必要な資材等の量はごくわずかですから、コストも新築マンションとは比較にならないほどのものです。もちろん用地買収の必要もありません。

このようなことから、値頃感のある中古マンションに人気が集中し、エリアによっては経済活性化の大きな牽引役になったとみられています。さらに、新築マンションから中古マンションへという消費者の指向が変化し、中古マンションの価値を先に見定めてから新築マンションを値踏みするといった下克上のような流れができはじめています。このサイトでは、このような動向を踏まえつつ、現在起きているさまざまな現象と不動産売買に絡む話題・ノウハウを取り上げます。

中古マンションで成り上がる!不動産下克上

中古マンションで不動産オーナーになろう

中古マンションで不動産オーナーにという人が増えています。

中古マンションオーナーになったら

中古マンションオーナーになったら留意すべきこととは?

中古マンションで成り上がる!不動産下克上とは何でしょう?

中古マンションで成り上がる!不動産下克上中古マンションで不動産オーナーになろう中古マンションオーナーになったらサイトマップ